自己破産手続きをするために必要な弁護士の選び方

自己破産手続きに強い弁護士は存在します

弁護士の業務は多岐に渡っており、民事・刑事など様々です。債務整理の方法として自己破産を行うと決めた際には、自己破産手続きに強い弁護士へ依頼すると解決が早くなります。なぜなら、弁護士には得意分野があるので、自己破産を得意としている弁護士に依頼すれば、今利用しているスマートフォンを解約する必要があるのかどうかといった日常生活に直結する内容もすぐに答えてもらえます。借金をいつまでも抱えていても新たな人生のスタートを切れないので、弁護士選びを早期に間違いなく行うことが大切です。

都市部の弁護士は費用が安い

自己破産手続きを依頼する際には、弁護士費用が必要となりますが、弁護士費用は自由料金なために依頼する弁護士事務所によりかかる費用が何倍も変わります。25万円で引き受ける所があれば、50万円以上請求する弁護士もいます。大都市ほど弁護士同士の競合が激しくなっているので、自己破産手続き書類作成に慣れた事務員を配置することで弁護士が直接携わる部分を減らして費用を圧縮させることが出来ます。大都市の弁護士事務所でも、全国対応している所があるので一度相談してみると良いでしょう。

最終的には弁護士と良く話して決める

自己破産手続きを行う際には、免責決定を受けられるかどうかで人生が大きく変わってしまいます。面談を行って話やすい弁護士を見つけることが先決です。なぜなら、自己破産申し立て書類作成に必要な情報のやり取りを行う際には、意思疎通がしっかりと正確に出来ていなければ問題が発生することも有り得ます。会話が噛み合わない弁護士も実際には存在するので、自己破産手続きを依頼する弁護士を決める際には、必ず直接面談して正式依頼するかどうか決めることが重要です。

自己破産は、膨大な債務から解放される素晴らしい制度ですが、国の広報である官報に指名が記載されてしまうので気を付けましょう。その情報を元に、闇金融業者が接触してくる可能性があります。